脳にいいブログ

北海道から配信します

【高尾山】また高尾山登ったわよ


アクセス

 高尾山って有名すぎて特にアクセスに迷うことはないんでしょうが,当ブログは登山コンテンツ豊富な情報系のブログを目指しているので,それなりに情報を書いとこうと思います。バスでも行けるんでしょうけど,都心からは中央線を利用して高尾駅まで行く方法が間違いなく,新宿からだと約50分です。めちゃくちゃアクセスいい。JRでは一本で行けず,京王高尾線に乗り換える必要があります。


 高尾を縦走する人は,高尾山口まで行かずに,手前の高尾山から出るバス(例えば陣馬高原下行き)に乗るのが多いです。陣馬山から高尾山まで縦走すると5,6時間かかりそうだけど,これもこれで楽しそうだな。結局,東京に住んでいたときは一度も高尾を縦走することはありませんでした。機会があれば挑戦してみたいなあ。

コース概要

 高尾山のコースはめちゃくちゃあります。今まで何度かここを登りましたが,まだすべてのコースを網羅できていないと思います。人気なのは沢沿いを歩く6号路,そして稲荷山コースでしょうか。ルートをあまり把握していないので,登りで4号路,3号路にアクセスする方法はよくわかっていません。1号路の方は参拝道になっています。靴を汚さず登山したい人は1号路のピストンがおすすめです。ただ,1号路のほうが斜面がきつい印象があるなあ。

登ってから下山まで(短いです)

 前日は雨が降っていたので,道がぬかるんでいるのを覚悟していました。なのに選んだコースは沢沿いの6号路。実は,稲荷山コースよりも6号路のほうがぬかるみは少ないのです。稲荷山は最後の階段までの道がかなりぬかるみます。が,結局,6号路の途中の道は流水で使えず,稲荷山コースの方に迂回したため,そんなに変わらなかったという。当然スニーカーは泥まみれになりましたね。こういう泥道って,靴もそうなんだけど,泥はねが結構あるから,長ズボン履いてる人は特に気をつけないといけません。

f:id:ezophoto:20180914193304j:plain

 6号路は道によってはこんな感じで,木の根っこがたくさんある場所があります。歩くときに足をとられないよう注意。

f:id:ezophoto:20180914193447j:plain

 雨で天気がだるい感じの高尾山。

f:id:ezophoto:20180914193947j:plain

 苔がすごい。高尾山は針葉樹も多いんですけど,ちゃんと広葉樹もあります。

f:id:ezophoto:20180914200038j:plain

 地面はどちらかというと人工的な,砂利道に近いです。砂利道じゃないけど。土とレキ混じりの道なのか。4号路,5号路などではこれがもう少し山っぽい道にはなります。こういう土壌は水はけが良いのか,ぬかるみは少なかったです。

 一度登山に同行してもらいたい人に,地質マニアがいるんですよね。一人いたら絶対楽しいだろうと。写真撮る人は好き勝手行動するだろうし別に大勢いなくてもいいかな笑

f:id:ezophoto:20180914200747j:plain

 最後は1号路を下って終わり。お疲れ様でした。

まとめ

 久しぶりの高尾山ですが,都心からこんなにアクセスが良く,それなりに楽しめる山ってあまりないだろうと思います。関東は丹沢の大山とか,奥多摩御嶽山(だっけ?)とか,スニーカーで行けちゃう山は多いけど,他の地方はそうはいかないもんなあ。